トップページ >  > UV化粧品の乱用が肌にダメージを・・

UV化粧品の乱用が肌にダメージを・・

■UV化粧品は肌に悪い?!
日焼け止めだけでなく、最近は下地やファンデーションなどの化粧品にも
UVカット効果が含まれているものが増えてきましたよね。
紫外線はお肌の大敵ですから、こういった化粧品でしっかりカバーして肌を守ることが大切です。

ですが、実はUV化粧品の使いすぎは肌に悪影響を与えているかもしれないんです!
自分が使っているUV化粧品は肌に悪いのかどうかチェックしてみましょう!

■紫外線吸収剤と散乱剤
UVカット化粧品に含まれているUVカット作用のある成分は、
紫外線吸収剤と紫外線散乱剤に分けられます。
この2つは紫外線をカットする方法が異なります。

紫外線吸収剤は紫外線が肌に当たる前に光を吸収する仕組みです。
紫外線カット効果が高いので色々な化粧品にこの吸収剤が使用されていますが、デメリットも。
光を吸収した吸収剤はそこで化学反応を起こしているということですから
そのせいで肌にダメージを与えてしまうんです。
せっかく紫外線のダメージから肌を守っているのに
吸収剤自体も肌にダメージを与えてしまっている・・・
という落とし穴があるんです。

一方、紫外線散乱剤は物理的に作用します。
紫外線の光を反射して肌にかかる紫外線ダメージを防ぎます。
吸収剤に比べると紫外線カット効果が少し劣るのですが
化学反応による肌へのダメージがないので
肌に優しい成分となります。

■技術の進化でより機能的に
紫外線吸収剤も、肌ダメージを極力抑えたものが開発されていますが
やはり肌へのダメージを考えると、紫外線散乱剤が断然おすすめです。
紫外線散乱材は白浮きしやすくなるというデメリットもあったのですが
最近は成分をナノ化して白浮きせず綺麗に塗れるものが増えてきました。
紫外線散乱剤が使用されているUV化粧品は、
「ノンケミカル」「紫外線吸収剤不使用」
といった記載がされています。
UV化粧品を選ぶ際はこういった紫外線防止成分にも
注目して選ぶと良いでしょう。

1月の注目ファンデ!!

Touvert ミネラルパウダリーファンデーション
ミネラルパウダリーファンデーション

期間限定キャンペーン中
・600円オフキャンペーン中!
・今だけ送料無料!
・会員登録でさらに300円分値引き!

こちらからの購入限定でキャンペーン適用されます!
レビューします!

肌に優しいファンデーションを体験しました!迷ってる人はレビューを参考にしてみてください^^

トゥヴェールレビュー レイチェルワインレビュー エトヴォスレビュー アヤナスBBレビュー エトヴォス リキッドレビュー

 

 

人気の記事一覧