トップページ >  > 美白予防に必要なSPFはどう選べばいいの?

美白予防に必要なSPFはどう選べばいいの?

キレイな白い肌を目指すには、シミやそばかすの原因となる紫外線を予防したいものです。
外出の時には忘れずに塗っておきたい日焼け止めですが、日焼け止めにはSPF○○と数値がありま すよね。
「日焼け止めのTVCMなどで観る限りではSPFが高いほうがいいのではないか」
日焼け止めを使用してはいるもののSPFについてはこのぐらいの認識ではありませんでしたか?
そもそもSPFはどのような意味を持っているのでしょうか。

 

 

SPFという数値

SPFとはSun Protection Factorの略で、日焼けに対する防御指数という意味です。 紫外線を浴びた時に日焼けするのを遅らせることができる時間の目安が数値化されています。
しかし、単純にSPF30が30分というわけではありません。
目安時間の算出方法ですが、日焼け止めを1平方センチメートルあたりに2mmずつ塗ったとして、どのぐらいの時間日焼けを遅らせることができるかという計算をします。
SPFは1単位を20分としますので、
SPF30の場合30×20(分)=600分となり、
何も塗らなかった時と比べて、約10時間日焼けを抑えたということです。
これで防御指数はわかりましたが、効果を上げるために1平方センチメートルあたりに2mm塗ればいいかというと、これはなかなか難しいものがあります。
仮に塗れたとしてもかなり液体の白さが残ってしまう量であることと、SPFの数値が強ければ強いほど肌を傷めてしまう可能性があるからです。

 

 

日焼け止めの選び方と使用
どのように日焼け止めを使用するのがいいのでしょうか。
日焼け止めは沢山塗っておけば安心できるわけではありません。沢山塗っておいても特に夏場は汗によって流れてしまいますので、少しの外出であれば肌への負担を考えてSPFは少し低めのものを選び、汗をかいたら何度か塗り直しをしたほうが効果的です。
遠出や、海や雪山などの紫外線を浴び続ける場所へ行く予定がある時には強めのSPF30以上の日焼け止めを選びましょう。
また、外出する際には、帽子や日傘などの日除けも併せて行うことで更に紫外線を防ぎましょう。外出後の保湿などのケアもしっかりとして、ダメージを軽減させることも大切ですね。

1月の注目ファンデ!!

Touvert ミネラルパウダリーファンデーション
ミネラルパウダリーファンデーション

期間限定キャンペーン中
・600円オフキャンペーン中!
・今だけ送料無料!
・会員登録でさらに300円分値引き!

こちらからの購入限定でキャンペーン適用されます!
レビューします!

肌に優しいファンデーションを体験しました!迷ってる人はレビューを参考にしてみてください^^

トゥヴェールレビュー レイチェルワインレビュー エトヴォスレビュー アヤナスBBレビュー エトヴォス リキッドレビュー

 

 

人気の記事一覧