トップページ >  > クレンジングオイルとクレンジングミルクの違い

クレンジングオイルとクレンジングミルクの違い

■クレンジングオイルとクレンジングミルクの違い
クレンジングには、オイルやミルク、ジェルやクリームなど
様々な種類があります。
それぞれに特徴があり、メリット・デメリットがあります。
そこで気になるのが、肌に悪いとの声もあるクレンジングオイルと
肌に優しいといわれるクレンジングミルクの違い。
これらは一体どういったメリット・デメリットがあるのでしょうか。

■クレジングオイルはなぜ肌に悪いと言われるのか
メイクを落とす力が強力で、さらには素早く落とせるオイル。
多くの人がクレンジングオイルを使っていると思います。
ですが、クレンジングオイルは肌に悪いという声も聞かれます。

それは、使い方に大きな問題があると考えられます。
オイルを使用するときは、くるくるとメイクを落とすために肌をこすります。
その際に、化粧品に含まれる様々な物質
例えばアイシャドウのラメなどが肌に擦りつけられ、刺激を与えてしまいます。
強くこすれば指の刺激も肌には悪影響を及ぼすこともあります。
また、オイルは落ちにくいのですすぎが適当だったりすると
メイクが残ったり、オイルの油分が肌に残ったままになるので
肌トラブルの原因になったりもします。

一方、クレンジングミルクは、みずみずしい使い心地で
肌をつよくこすらずに使用できます。
すすぐときに肌を強く触らなくてもミルクが落ちるので肌に優しくなっています。
ですが、やはりメイクを落とす力は、オイルに劣ります。
ミルク自体が落ちても、メイクが落としきれず、残ってしまうこともあるのです。

■時と場合・肌質などによって使い分けて!
敏感肌で、オイルだと肌荒れが起きてしまうという人には
最適なクレンジングミルクですが、
ウォータープルーフなどしっかりしたメイクの場合は
綺麗に落とすことができず、結局肌を汚いままにしてしまうことがあります。
ミルクは薄いメイクをした時に向いています。
肌が弱い人は、顔全体はクレンジングミルクで落とし、
アイメイクなどの濃い部分は部分的にオイルを使うなど
工夫をすることをオススメします。

1月の注目ファンデ!!

Touvert ミネラルパウダリーファンデーション
ミネラルパウダリーファンデーション

期間限定キャンペーン中
・600円オフキャンペーン中!
・今だけ送料無料!
・会員登録でさらに300円分値引き!

こちらからの購入限定でキャンペーン適用されます!
レビューします!

肌に優しいファンデーションを体験しました!迷ってる人はレビューを参考にしてみてください^^

トゥヴェールレビュー レイチェルワインレビュー エトヴォスレビュー アヤナスBBレビュー エトヴォス リキッドレビュー

 

 

人気の記事一覧