トップページ >  > 植物由来とオーガニックの違い

植物由来とオーガニックの違い

■オーガニックと植物由来って同じ意味じゃないの?
できるだけ自然の成分が多く使われた製品を使用したい敏感肌の人。
製品を選ぶ際には「オーガニック」や「植物由来」といった表示を見ると思います。
ですが、これらの表示の本当の意味を知っていますか?
この2つは同じ意味だと思っていませんか?
実は、細かい違いがあるんです。肌によりいいものを選ぶために
この表示の意味をご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

■植物由来とは
植物由来とは、一見無添加のものやオーガニックのもののようなイメージを感じてしまいますが、
そういうわけではありません。
使われている成分が、元々植物の成分であり、それを抽出して作ったという意味が「植物由来」
つまり、成分を科学的に何かと化合したりしていても、
元が植物であれば「植物由来」ということになります。
これは大きな落とし穴。成分などを見ればきちんと把握することができますが、
「植物由来」という言葉だけを見て買うと、失敗に繋がることになります。

■オーガニックとは
実は、日本にはオーガニック化粧品という表示には規制がなく、
厳密に言えばどんな製品にでも「オーガニック」という言葉をつけてもOK。
使用は各メーカーの判断に任せられています。
一般的には、農薬や保存料といった科学的な物質は一切使わずに加工したものが
オーガニック化粧品として販売されています。
ただ、オーガニック製品自体の認定はあるので、
このオーガニック認定がなされた植物を使っているものなら限りなく自然で肌にも優しいと言えるでしょう。

・その植物を作る際に2年間は農薬・化学肥料を使わない
・遺伝子組み換えの植物は使っていない

といった様々な基準をクリアしたものだけが、「オーガニック認定」をされた製品だと表示することができます。
より自然で肌にダメージの少ない製品を選びたいという人は、
「オーガニックコスメ」という表示に惑わされないように要注意です。
きちんとオーガニック認定されている製品を選びましょう。

1月の注目ファンデ!!

Touvert ミネラルパウダリーファンデーション
ミネラルパウダリーファンデーション

期間限定キャンペーン中
・600円オフキャンペーン中!
・今だけ送料無料!
・会員登録でさらに300円分値引き!

こちらからの購入限定でキャンペーン適用されます!
レビューします!

肌に優しいファンデーションを体験しました!迷ってる人はレビューを参考にしてみてください^^

トゥヴェールレビュー レイチェルワインレビュー エトヴォスレビュー アヤナスBBレビュー エトヴォス リキッドレビュー

 

 

人気の記事一覧