トップページ >  > 乾燥系敏感肌が選びたい化粧水の選び方

乾燥系敏感肌が選びたい化粧水の選び方

■乾燥系敏感肌にはセラミドがいいって聞いたけど・・化粧水じゃダメなの?
女性が必ずと言って良い程使っている化粧品といえば、ズバリ化粧水ではないでしょうか?
化粧水といえば、洗顔後のお肌に水分を与えてくれるアイテムですよね。
どうしても"水分を与えるためのもの"というイメージが強い化粧水ですが、化粧水の役割はこれだけではありません。
スキンケア用品の中で最も水分量が多い化粧水には、水分と一緒に水溶性の美容成分をお肌に与える役割があるんですよ。
特にお肌が乾燥しやすい上に敏感な乾燥系敏感肌の方は、化粧水に含まれる美容成分に注目して化粧水を選んでいただきたいと思います。
なぜなら乾燥したお肌にただ水分を与えても、乾燥系敏感肌自体が改善することはないからです。
一時的な保湿にはなるでしょうが、肌質そのものの改善は期待することができないでしょう。
お肌の水分は、セラミドこと"角質"で保たれています。
角質で上手く水分を保持できないと、お肌の乾燥を招いてしまうのです。
乾燥系敏感肌の方は、お肌のセラミドが圧倒的に不足しているので上手く水分を保持することができないんですね。
この状態でいくら水分を与えても、結局は保持できず蒸発してしまいます。
じゃあセラミドが含まれている化粧水を選べば良いの?と言われると、答えはNOです。
残念ながらセラミドは、化粧水に不向きな成分なのです。
お肌の細胞間脂質が水溶性ではないため、化粧水に配合した同じく水溶性のセラミドは、上手く馴染む事ができないんですね。
お肌の保水能力を上げるセラミドは、油分が含まれている乳液やクリームで取り入れるのがベストです。


■乾燥系敏感肌の化粧水選びは何をポイントにしたらいい?
セラミドは化粧水に不向きとなると、一体どんな成分を化粧水で取り入れたらいいのでしょうか?
化粧水では水溶性の保湿成分を取り入れてあげましょう。
代表的な成分を挙げると、ヒアルロン酸やコラーゲンなどがあります。
これらの成分は、水分を抱え込んで保持しようとする働きがあるため、乾燥系敏感肌の方には是非取り入れて頂きたい成分です。
もしこれらの成分でお肌に刺激を感じるようであれば、グリセリンやプロピレングリコール(PG)といった保湿成分がオススメです。
少しの配合量であればお肌への刺激がほぼないと言われていますので、敏感肌の方でも安心してお使い頂けると思います。
乾燥系敏感肌の方はただお肌を保湿するのではなく、お肌の保水能力をアップできるような化粧水を選ぶようにしましょう。

1月の注目ファンデ!!

Touvert ミネラルパウダリーファンデーション
ミネラルパウダリーファンデーション

期間限定キャンペーン中
・600円オフキャンペーン中!
・今だけ送料無料!
・会員登録でさらに300円分値引き!

こちらからの購入限定でキャンペーン適用されます!
レビューします!

肌に優しいファンデーションを体験しました!迷ってる人はレビューを参考にしてみてください^^

トゥヴェールレビュー レイチェルワインレビュー エトヴォスレビュー アヤナスBBレビュー エトヴォス リキッドレビュー

 

 

人気の記事一覧