トップページ >  > 日焼け止めに使われる紫外線散乱剤・吸収剤とは?

日焼け止めに使われる紫外線散乱剤・吸収剤とは?

日焼け止めには、紫外線を肌に通さない作用がありますが、
それは紫外線散乱剤というものと紫外線吸収剤というものが
働くことによって作用しています。
これらの物質は日焼け止めの種類によって使われているものが違います。

紫外線散乱材はそのパウダーが肌の表面に付着して膜となり、紫外線を物理的に散乱して反射します。
それにより紫外線がもたらす肌への影響を抑えます。
紫外線吸収剤は紫外線を科学の力で熱エネルギーに変えて跳ね返し、
紫外線が肌に浸透してしまうのを防ぎます。

■どちらの日焼け止めを選べばいい?
敏感肌・アトピー肌の人が気になるのは、
このどちらの成分が肌にいいかということですね。
紫外線吸収剤は紫外線を防ぐ効果が高い分、肌へのダメージは大きく
紫外線散乱剤は吸収剤と比べると肌にはいいですが、
UV効果が持続しないので日焼け止め効果は劣ります。

肌にできるだけいいものを使いたいなら、紫外線散乱剤を選んだほうがいいでしょう。
紫外線散乱剤を使用している日焼け止めには、
「紫外線吸収剤フリー」「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」
といった表記がされています。
これを目安に選ぶと解りやすいですね。

■日焼け止めはしっかり塗ろう
紫外線散乱剤でも、肌への負担がゼロというわけではありません。
では、日焼け止めを塗らなければいいのでは?
と考える人もいるようですが、それは危険です。
日焼け止めを塗らずに紫外線を浴びることのほうが
肌には大ダメージを与えることになります。
紫外線散乱剤なら肌の弱い人でもほとんどトラブルなく
使用することができますので、
しっかりと日焼け止めを塗って紫外線を防ぎましょう。
毎日きちんと日焼け対策することで
シミやくすみといった肌トラブルを防ぐことはもちろん、
紫外線ダメージによる肌荒れを防止することもできます。
毎日の積み重ねが大切なので、しっかりと対策してくださいね!

1月の注目ファンデ!!

Touvert ミネラルパウダリーファンデーション
ミネラルパウダリーファンデーション

期間限定キャンペーン中
・600円オフキャンペーン中!
・今だけ送料無料!
・会員登録でさらに300円分値引き!

こちらからの購入限定でキャンペーン適用されます!
レビューします!

肌に優しいファンデーションを体験しました!迷ってる人はレビューを参考にしてみてください^^

トゥヴェールレビュー レイチェルワインレビュー エトヴォスレビュー アヤナスBBレビュー エトヴォス リキッドレビュー

 

 

人気の記事一覧