トップページ >  > 肌に負担がかかるのリキッド?パウダー?

肌に負担がかかるのリキッド?パウダー?

女性はほとんど毎日のようにお化粧をしますよね。
そのベースとなるファンデーションのノリによって、肌年齢が若く見えるか老けて見えるか大いに変わってきます。
その為、日々女性は肌が綺麗に見えるようにファンデーションを顔に塗るのです。
しかし、そのファンデーションは肌に直接付けるもの。出来るだけ肌への負担が軽い方がいいに決まっています。
ファンデーションにはリキッド、パウダリー、クリームなど色々な種類がありますが、どれが一番肌に優しいファンデーションなんでしょうか?

 

リキッド、パウダリー、何が違う?

化粧品を選ぶ際に迷うのが、どちらを購入しようかという事です。
ではリキッドとパウダリーでは何が違うのでしょうか?
リキッドタイプのファンデーションは使用感がみずみずしく、しっとりとした使い心地で、きめ細かなしっとりした仕上がりになります。カバー力はリキッドタイプの方が強い為、若々しいしっかりメイクを好む人には最適でしょう。しかしリキッドは肌との密着度が高い為、パウダリーに比べるとやはり肌への負担は大きくなります。また、リキッドには合成界面活性剤や防腐剤が多く入っていたり、肌の密着度により通気性が悪く毛穴をふさいでしまう可能性もあります。
パウダリーの使用感は、付け心地が軽くさっぱりとしていて、自然な柔らかいイメージの仕上がりになります。

 

乾燥肌にはリキッド?パウダリー?

リキッドは仕上がりが潤いのあるしっとりした仕上がりになりますので、乾燥肌の人はリキッドタイプがいいと思う人も多いようです。しかしリキッドはパウダリーよりもカバー力が強く、肌への密着力も強くなりますので崩れにくくはなりますが、それだけ落とすのが大変という事です。
しっかりクレンジングをしなければ残ってしまい、肌トラブルを引き起こし、より乾燥を進める可能性があります。リキッド、パウダリー、クリームいろいろありますが、それぞれメリット・デメリットを持ち合わせています。リキッドを使っても、きちんとクレンジングをして、しっかりと基礎化粧品で保湿ケアを出来れば肌もメイクも若々しくいられるでしょう。
しかし強いクレンジングに耐えられなかったり、ケアが出来ない人がリキッドを使えば肌への負担は大きいものになります。自分に合った化粧品を選び、ノーメイク時もメイク時も素敵な肌になりましょう。

 

肌に負担をかけたくない!こんな記事も読まれてます。

1月の注目ファンデ!!

Touvert ミネラルパウダリーファンデーション
ミネラルパウダリーファンデーション

期間限定キャンペーン中
・600円オフキャンペーン中!
・今だけ送料無料!
・会員登録でさらに300円分値引き!

こちらからの購入限定でキャンペーン適用されます!
レビューします!

肌に優しいファンデーションを体験しました!迷ってる人はレビューを参考にしてみてください^^

トゥヴェールレビュー レイチェルワインレビュー エトヴォスレビュー アヤナスBBレビュー エトヴォス リキッドレビュー

 

 

人気の記事一覧